ネックストラップ を変えてみよう!

 カメラを買ったら ネックストラップ も新調しよう!ということで、安いけどちゃんとしてるネックストラップを紹介したいと思います。安すぎて失敗した事についても書いていきます。購入時に付属しているネックストラップで十分ですか?

はじめに

 Nikonのデジイチを購入すると付属しているネックストラップは、黄色の文字で「Nikon」って書いてあって、黄色の縁取り線がありますよね?これはこれでしっかりしていて良いのですが、さすがに個性が無いですよね?そこで他に良いのがないか探してみました。

ネックストラップ Nikon

Nikon純正のネックストラップ

D5100用

 D5100を使っていたときも純正から変えていたのですが、それが安くて良かったので、D7100も変えてみようということになったのです。D5100に付けているのが楽天市場で買った458円 送料別のものです。楽天の購入履歴を見るとリモートシャッターと一緒に買ってました。このネックストラップは、ネック部分とストラップ部分の両方がしっかりした作りになっていて、首に掛けた感触は純正に比べて断然やさしい感触です。純正のはちょっと堅めでごわごわした感じなのに対し、これはふんわり柔らかい感じです。デザインも派手すぎずに良い感じです。

D5100のネックストラップ

D5100に付けているネックストラップ

最初の ネックストラップ

 D7100にも良いのがないか物色していると、カメラ専門ショップなどで検索すると4千円とか5千円とか普通にするのばかりです。しかも女性向けのデザインのものが多い。楽天市場で検索してみると、結構色んな種類のが出てくるのですが、やはり値段が高いものや女性向けのデザインのものが多いです。根気よく探していると、D5100用のネックストラップを購入したところと同じショップに良さそうなデザインのものが有りました。価格も送料無料で598円です。それがコレです。

安いネックストラップ

598円のネックストラップ

届いてみて

 届いてみるとちょっと安っぽい・・・。以前のはネック部分の布が一枚というか、ひとつのベルトみたいな感じだったのですが、今回のは薄いベルト状の上に柄の布が縫い合わせてあるだけで、折り目が付いたまま戻らないし、ストラップ部分も薄くて作りも悪かったです。とりあえず付けてしばらく使ってはみたものの、やはりD5100用のネックストラップの質感を知っているだけに納得いきません。そこでもう一度買い直しました。ひどい状態の部分をアップで撮ったものが下図です。

安いネックストラップ 折れ目

ネック部分の折れ目

安いネックストラップ ほつれ

ストラップ部分の雑さ

買い換え

 今度も同じショップで購入したのですが、今度は送料無料の998円で、D5100用のネックストラップとの柄違いです。最初は同じ柄を買おうかとも思ったのですが、さすがに同じじゃ面白味が無いということで違うのにしてみました。柄は14種類もあるのですが、女性向けのハート柄だったりピンクだったり派手なものが多く、地味目のものはほとんど無いため、選択肢は限られてしまいます。その中でも比較的地味だったアッシュを選びました。

D7100のネックストラップ

今回購入したD7100用ネックストラップ

ネックストラップ 箱と付属品

ネックストラップが入ってる箱と付属品

買い換え品

 上図のように結構立派な箱に入っていて、付属品もリングと保護用の革?が入ってます。ちなみに前回購入した安いのは、確かそのままビニールの袋に入ってました(すぐに捨てたので忘れましたw)。今回のは以前の安いのよりはしっかりしてますが、D5100用のと比べるとやはりちょっと安っぽかったです。今回のもネック部分は布を合わせたような作りになっています。まぁ今回のはしっかりした布を縫い合わせてあるし、ストラップ部分も綺麗でしっかりしています。ちなみに、D5100用を長く使ってますが、Nikon純正みたいに首にあたる部分が補強されてないため、ちょっと痛んできたかな?程度には劣化しましたが、その分、肌へあたる感触は良いです。強度を取るか感触を取るかですね。

まとめ

 以上、ネックストラップは直接画像には影響しませんが、肌に触れる部分なので良いものを使いたいですよね。もっと色々販売されてても良さそうなものですが、需要があまりないためか、あまり種類が無いんですよね。スマホ用とかは割と有るんですけどね。ベルトを使って自作なんてのも面白いかもしれませんね。ベルトなら種類は沢山有りますからね。くれぐれも安いからといってデザインだけで選ばない方が良いです。さすがに今回のは安物買いの銭失いでした。

 

 

 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする