メモリーカード Sandisk SDSDXXG-032G-GN4IN-T

 今回はD7100の購入にあたって、 メモリーカード も新調したことについて書きたいと思います。購入したのはSanDiskのSDHCメモリーカード 32GB UHS-I Extreme PRO【並行輸入品】SDSDXXG-032G-GN4IN-Tです。

メモリーカード

 このメモリーカードは並行輸入品ということでメーカー保証は無いのですが、その分、価格が安いので選びました。D7100はバッファ容量が少なく、連写が厳しいと言われていますが、それならメモリーカードを速いのにしよう!ということで、UHS-I U3のコレにした訳です。現在、UHS-IIという規格も出てますが、D7100は対応してないので、現状で使えるのはこれが一番早い規格ということになります。PCへの転送はUHS-II対応メモリーカードリーダーと対応USBポートを使えば早くなりますが、HDDだとそっちの方がボトルネックになりそうなので、SSDでも使わないとあまり効果はないかもしれません。

メモリーカード Sandisk

Sandisk製メモリーカード 左:95MB/s 右:30MB/s

 右側のSanDisk 16GBは、かなり前にSonyのコンデジを使っていたときに買ったもので、UHS-I規格ではなく普通のClass10です。これをD7100のスロット2に入れて、スロット1はRAWを書き込む用に、スロット2はSサイズのJPEGを書き込む用にしてあります。基本的にはRAWしかPCへ転送せず、JPEGはテレビで見るために使ったりして、その後は丸ごとフォーマットしています。

表記について

 メモリーカードの表記で95MB/sとか書かれているのは最大読み込み速度で、書き込み速度はまた違います。安価なものは読み込みは早くても書き込みが遅いというのが多いです。しかし、この製品は書き込みも早いのです!カメラで使うなら書き込み速度が重要ですからね。読み込みはモニターに表示するときや、PCへ転送するときに関係してくるので、それ程速度は気にしなくても良いのではないかと思います。まぁ読み込み速度より書き込み速度の方が早いなんてことは無いので気にしなくても大丈夫だと思います。

使用してみて

 実際に使ってみた感じは、これまではD5100で使っていた上海問屋のUHS-I U1をD7100に入れて使っていたのですが、RAW保存だと連写しても数枚取ると書き込みで待たされる感じだったのですが、このUHS-I U3のに変えると、ほぼ待ち時間なく次の連写へ行けるようになりました。書き込みで待つより連写の限界で待つ方が長い感じです。

ベンチマーク

 実際にどれだけ速度が出てるかベンチマークを取ってみました。ついでに持っているSDカード全部をやってみました。使ったソフトは定番のCrystalDiskMark6で、USB 3.0ポートに繋いでiBUFFALO製のUHS-I対応メモリーカードリーダーを使ってます。

SanDisk UHS-I U3

SanDisk 32GB UHS-I U3

SanDisk Class10

SanDisk 16GB Class10

上海問屋 32GB

上海問屋 32GB UHS-I U1

eyefi

eyefi 16GB Class10

Amazon 16GB

Amazon製 16GB Class10

 こんな感じで、当然ながらUHS-I U3が一番読み書きともに早いです。読み込み速度はそれほど差は無いですが、書き込み速度がUHS-I U1のほぼ倍ですからね。他はさすがにUHS-Iじゃないので遅いです。

スクリーンショット

 このベンチマークについてですが、SDカードを購入したときにもすぐ測定したのですが、Windowsでフォーマットすると全然速度が出ず、カメラに入れてフォーマットすると、上図のようにきちんと性能通りの速度が出ました。なにかフォーマットの仕方に違いが有るんですかね?さらに、今回このベンチマーク結果をキャプチャしようとしたとき、何故かスクリーンショットが撮れなかったのです。具体的にはPrintScreenキーを押して画像処理ソフトへ貼り付けようとしたのですが、何度やってもクリップボードにコピーされません。そこで色々調べると、キーボードのPrintScreenキーだけが反応しなくなっていました。PrintScreenキーはあまり使うことが無いので、いつからダメだったのかわかりません。キーボードのキーが壊れたのかと思い、仕方がないのでWindowsにはスクリーンキーボードなるものが有ることを知り、それで試したのですがやはりこれでもダメでした。なにか別のところに問題があるのかもしれません。ということで、結局、小一時間ほど試行錯誤して悩んで、最終的にはPC版LINEのキャプチャ機能を使って画像を保存しました。

PrintScreenキー

 その後、PrintScreenキーについて色々調べてみると、ソフトでPrintScreenキーを無効にすることがあるというのを見つけました。私の場合はPCにテレビチューナーを搭載しているので、それ関係のソフトが悪さをしているみたいでした。具体的にはIODATAの「mtvManager.exe」というのがバックグラウンドで動いていて、それがPrintScreenキーを無効にしているみたいでした。このサービスを強制終了すると普通にスクリーンショットが撮れるようになりました。テレビ画面をキャプチャ出来ないようにしてあるんでしょうけど、テレビを見るときだけキーを無効にするようにすればいいのに、ちょっと作りが悪いですよね。さらに、テーマがクラシックになったまま戻らないという不具合も治りました。「mtvManager.exe」で検索すると不具合の報告が沢山出てきますね。

まとめ

 以上、なんやかんやありながら、久しぶりにすべてのSDカードをチェックしてみると意外と面白かったです。次はUHS-I U3 64GBが欲しいななんて思ってたりします。D7100は画素数が増えて、画像一枚のサイズも大きくなりましたからね。32GBだとRAW保存で600枚弱しか撮れません。まぁD7100はダブルスロットなので、足りなくなったら別のカードへコピーすれば良いんですけどね。その辺も考えてお財布と相談して32GBを買ったってのもあるんですけど。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする